ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 事例・統計情報 > 働き方改革 > 夏の生活スタイル変革(ゆう活)

 

 夏の生活スタイル変革(ゆう活)をはじめましょう!

 

 「夏の生活スタイル変革(ゆう活)」とは

 昨年から政府として、明るい時間が長い夏の間は、朝早くから働き始め、夕方以降を家族などと過ごす時間に充てられるよう「朝型勤務」や「フレックスタイム制」などを推進する、夏の生活スタイルを変革する国民運動「夏の生活スタイル変革(ゆう活)」を展開しています。

 具体的には、夏の間、朝型勤務やフレックスタイム制を利用して、朝早くから働き始め、夕方早めに職場を出る生活スタイルに変えていくというものです。

 企業で働くすべての人を対象とする方法以外に、特定の部門や希望者だけを対象にするなど企業や働く人の実情に合わせて、自主的な取組を可能な範囲で取り組んでいただくものです。

 

 図.PNG

 

  「ゆう活」の実施に当たっては、これを契機とした業務の効率化や働き方に対する意識改革を図る必要があります。せっかく朝早くから働き始めても、帰る時間がいつもと変わらなければ、意味がありません。効率よく働き、早く職場を出られるよう企業や働く人は業務の効率化や意識改革に取り組みましょう。

 

ゆう活マーク.PNG 

 

 「朝方勤務」や「フレックスタイム制」等に取り組んでいる秋田県内の企業です。

 

   株式会社アキタ・アダマンド(横手市、-製造業)

   秋田県土地改良事業団体連合会(秋田市、-その他の事業)

   光ガラス株式会社(湯沢市、-製造業)

   株式会社宮腰デジタルシステムズ(横手市、-製造業)

   

 

 上記以外にも、秋田県南秋田郡井川町の自動車部品製造業で、親会社の生産システムに合わせる形で6年ほど前からサマータイムを導入している企業があります。

 製造部門300人に適用し、4月1日から12月末日までの間、普通の勤務時間を1時間30分早くするものとなっています。

 導入に当たっては、朝早いのが大変だという苦情が寄せられるのではないかと考えていたようですが、そのようなことはなく仕事が早く終わることで、子供を学校に迎えに行けるようになったなどの意見が寄せられているようです。

 

 また、全国的な取組、状況については、こちらをご覧ください。 

秋田労働局

〒010-0951 秋田県秋田市山王7-1-3秋田合同庁舎4階(総務課、雇用環境・均等室、労働基準部)

〒010-0951 秋田県秋田市山王6-1-24山王セントラルビル6階(労働保険徴収室)

〒010-0951 秋田県秋田市山王3-1-7東カンビル5階(職業安定部)

Copyright(c)2000-2011 Akita Labor Bureau.All rights reserved.