ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > ニュース&トピックス > トピックス > 2014年度 > 平成26年労働経済の分析(労働経済白書)がまとまりました

平成26年労働経済の分析(労働経済白書)がまとまりました

 「労働経済白書」は、雇用、賃金、労働時間、勤労者家計などの現状や課題について、統計データを活用して経済学的に分析した報告書で、厚生労働省で取りまとめています。

 今回の平成26年版は66回目の白書となります。

 

 平成26年版では、我が国が世界に誇る最大の資源は「人材」であるとの認識の下、全ての人材が能力を高め、その能力を存分に発揮できる「全員参加の社会」の構築が必要だという観点から、企業における人材マネジメントや労働者の職業生涯を通じたキャリア形成に着目した分析がなされています。参考にしていただきたいと思います。

 

 ●平成26年版労働経済の分析(労働経済白書)本文

 

 ●労働経済白書の要約版

 

 ●労働経済白書の概要版 

このページのトップに戻る